2010年05月22日

ハリウッド

<ハリウッドの歴史と見所>
ハリウッドの丘陵地帯には「Holly」という植物が多くありました。ハリウッドの地名は、この「Hollyの木」に由来して名づけられた地名です。
20世紀初頭、映画の中心地はアメリカのニューヨークとシカゴでしたが、映画関連会社の大手企業がカンパニーを結成して、これに属していない中小企業から特許料などを徴収していました。中小企業数社がこれを避けるためにロサンゼルス近郊、今のハリウッドに会社を移したことがハリウッドで映画が作成されるようになった最初だと言われています。その後カンパニーもハリウッドに会社を移してハリウッドが映画の中心地となります。さらにこのロサンゼルス近郊は気候も暖かく過ごしやすく、メキシコに近いのでカンパニーの調査員がやってきてもすぐに国境へ逃げることが可能だったそうです。このカンパニーは長くは続かず、1917年には消滅しました。
ハリウッドと言えば、遠くから見てもその名「HOLLY WOOD」看板が山の上に掲げられていることでも有名です。多くの人がテレビなどを通してこの映像を見たことがあると思います。これは「ハリウッドサイン」と呼ばれるもので、晴れていれば50km離れた場所からも見えます。もともとこれは不動産会社「HOLLYWOODLAND」と広告を取り付けたものでしたが、会社が広告の保守管理を辞めてしうと、地元で寄付金を募って全面改修して現在の形にし、さらに不動産会社が現在の鉄骨の形で作り直し、今日のハリウッドサインを完成させたそうです。

世界最大の映画の街ハリウッドには多数の見どころスポットがあります。
映画関連の施設はもちろんのこと、その他にもエンターテインメントが街中にあふれています。世界最大であるシネマパラダイスのハリウッドの中心は、「ハリウッド&ハイランド」です。
「ハリウッド&ハイランド」にある「チャイニーズシアター」には世界中の有名な映画スターたちの足跡や手形があります。中国のお寺をイメージして作られた映画館です。
ハリウッドの大通りに星形の敷石が埋め込まれている「ハリウッドのウォークオブフェイム」には、2,500人ものスターの名があります。「ハリウッドミュージアム」は、映画やテレビ、ラジオなどを制作している舞台裏を見ることができる博物館で、実際に映画で使われたセットや衣装が多数展示されています。他にもハリウッドの蝋人形館など映画ファン必見の施設が多数あります。2009年8月にオープンしたばかりの新アトラクションとして「マダムタッソーハリウッド」では、ハリウッドスターのリアルな蝋人形も展示されています。
また本場アメリカの「ユニバーサルスタジオハリウッド」では、映画の世界を体感することができます。ユニバーサルスタジオは日本にもありますが、本場は迫力がさらに増してスケール感が大きいものとなっています。水の量や火の量、火薬の量も半端なく多く、スタッフや出演者のジェスチャーもとてもオーバーで日本とは違うスケール感と迫力に大満足できると思います。
ユニバーサルスタジオハリウッドに行く場合最寄りの地下鉄駅はレッドラインの「ユニバーサルシティ」駅となります。駅からはシャトルバスが運行しています。車で行く場合、最寄りのフリーウェイ出口は「ユニバーサルスタジオ・ブルバード」あるいは「ランカーシャム」です。
営業は年中無休、営業時間は一定ではないのでパークスケジュールを確認してください。
入場料は日本のように年齢ではなく身長で判断されます。
身長48インチ以上つまり122cm以上の人は69ドル。
身長48インチ未満つまり122cm未満の人は59ドルです。
3歳未満の幼児については無料となっています。
ユニバーサルスタジオでの一番人気のアトラクションは、「スタジオツアー」です。ユニバーサルスタジオの園内中を4両トラムに乗って映画やテレビなどの撮影で実際に使われている屋外セットを見学します。途中ジョーズにも遭遇します。またVIPツアーを予約しておくと、VIPツアーだけにしか見られない特別な体験ができます。またアトラクションも優先入場することができますから待ち時間がほとんどなくてお得です。ぜひ一度本場の迫力を味わってみてください。

映画の世界を実際に体感するならば、ハリウッドで映画会社のスタジオツアーに参加するのが一番です。ユニバーサルスタジオのように、実際に映画の撮影現場に潜入できる映画会社は他にもあるのです。スタジオツアーの内容は映画会社によって異なっています。しかしどれも世界中からハリウッドに集まった映画ファンのために行われているものです。スタジオツアーでは映画で実際に使われていたセットや小道具が見られたり、スタジオ内にセットされた世界の街並みを見られたりします。もちろんスタジオ内では撮影もよく行われているので、運がよければ有名スターを見る機会もあると思います。
スタジオツアーを実施しているいくつかの会社を紹介します。
「ワーナーブラザーズ」。
観光ツアーなどによく組まれている「ユニバーサルスタジオ」。
「パラマウントピクチャーズ」。
「ソニーピクチャーズ」。
「スタジオツアー」はハリウッドのユニバーサルにしかないアトラクションです。他のユニバーサルにはありません。トラムでスタジオをまわって、途中で映画のワンシーンを見せてくれたり特殊効果の秘密を教えてくれたり、実際の撮影現場を見せてくれたりする、とても人気のツアーです。訪れることがあれば最初に乗りたいアトラクションです。
「パラマウントピクチャーズ」のスタジオツアーは、園内を2時間歩いてじっくり案内してもあえるツアーです。その日の撮影スケジュールや場所によってスタジオツアーのルートも変更になります。舞台裏をじっくりと覗いて楽しむことができるツアーです。
カリフォルニア州民の中で映画は最も身近な娯楽であり人気の娯楽のひとつとなりました。
ハリウッドの街を歩くと、街の至るところにスクリーンを複数備えているシネコンがあり、いくつも映画が上映されています。またハリウッドがあるロサンゼルスでは常時数百本もの映画作品が上映されています。街中でも常時どこかで撮影が行われています。ロサンゼルスを舞台に撮影された映画作品も数多くあります。そのため、映画の舞台となったロケ地をめぐるツアーもあります。映画ファンならばぜひ見ておきたい場所です。
Los AngelesのCity Hallことロサンゼルス市庁舎は、映画「スピード」や「L.A.コンフィデンシャル」、「ダイハード2」など名だたる映画に舞台として登場しています。
ロサンゼルス市庁舎以外にもロサンゼルスのダウンタウンの中にいくつもある高層ビルが頻繁に登場します。「777Towers」、これは映画「コラテラル」「ソラリス」「ハッカビーズ」などに登場します。
「Bank of America」は映画「ゴースト」「セブン」「女と男の名誉」などに登場します。「Gas Company Building」は映画「スピード」「コラテラル」などに登場します。「Gas Company Building」は映画「Mr.&Mrs.スミス」に登場しました。
またホテルでは、「Biltmore Hotel」が豪華なインテリアが印象に残る高級ホテルで、「ロッキー3」「ゴーストバスターズ」「スプラッシュ」「ビバリーヒルズ・コップ」「インデペンデンス・デイ」など他にも多数の映画が撮影されています。
また「Westin Bonaventure Hotel」は、ユニークな外観で知られており、「ザシークレットサービス」や「ブレードランナー」、「レインマン」他多数の映画が撮影されています。

ハリウッドを訪れることがあればぜひ夜のハリウッドも楽しんでみてください。ロサンゼルスは危険な街だから、昼間の観光を終えたらすぐにホテル直行という人も多いと思います。しかし華やかな街並みがエキサイティングな夜を演出してくれるのがハリウッドでもあります。
本場ハリウッドならではの有名なアーティストが出演しているライブハウスを訪れるのもひとつです。日本と違って有名人でもその辺のライブハウスに出現したりしますから、いつどこで会えるチャンスが訪れるかもしれないのです。あるいはハリウッドセレブたちが集っているという現地で評判のスタイリッシュなバーに行くのも、現地の雰囲気が味わえていいと思います。踊りたい人はクラブへいって、現地の音楽に触れながらその雰囲気を満喫して踊るのもいいと思います。ハリウッドがあるカリフォルニア州にはいたるところに様々なジャンルのクラブが多数あり、週末には地元の人たちで賑わっています。さらにアメリカならではの、テレビや映画で活躍しているコメディアンに出会えるチャンスがあります。地元のコメディクラブへ出かけてみるのも楽しいと思います。ぜひ現地の雰囲気を体感してきてください。クラブやバー、ライブハウスなどの情報はインターネットで現地のウェブサイトを検索したり、新聞や旅行会社に問い合わせたりして情報収集してもいいと思います。今トレンドとなっているナイトスポットを訪れてハリウッドでしか味わえないナイトライフを満喫しましょう。

映画の街はアメリカハリウッドだけではありません。ニュージーランドにある首都ウェリントンにも映画の都と呼ばれる街「ウェリウッド」があります。
このウェリントンのミラマー半島の丘の上にアメリカのロサンゼルスにある「ハリウッドサイン」を手本として「ウェリウッドサイン」を作るそうです。
ウェリントンには有名な映画スタジオである「ウェタ・デジタル」を始めとしてニュージーランドを代表する映画関係会社が集まっています。そのためウェリントンを「ウェリウッド」と呼んでいました。「ウェタ・デジタル」と言えば話題作「アバター」、「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけた会社です。「ウェリウッドサイン」の高さは3.7m程度、幅は27.5m程度の予定です。ハリウッドサインの高さは13.7mほどあるのでかなり小さめのサインとなりそうです。地元住民の声には反対意見と賛成意見があるそうで、「ダサい」という意見もあるそうです。ウェリントンの地名を世界に広めることができるのか、「ウェリウッド」がハリウッドに続くことができるでしょうか。

<アカデミー賞>
「アカデミー賞」はアメリカ映画、ハリウッドで最も有名な映画の祭典です。
映画を始めとして様々なエンターテインメントの集合したハリウッドでは映画関連の授賞式など多数開催されています。特に1月〜3月には多くの授賞式があるため、ロサンゼルスには世界中から大スターが集まります。
今ではアカデミー賞は世界中にテレビ中継される世界で最も大きな映画の賞となりました。アメリカではABCテレビが放映権を持ち、日本ではWOWOWが放映しています。毎年2月か3月頃に開催されています。アカデミー賞の本来の目的はアメリカ国内において映画の内容を健全に発展させるためのものでした。さらに映画制作に従事した監督や俳優、スタッフなどを表彰することでその労や成果を讃えようというものです。授賞式の前年1年間の間にアメリカ国内において上映された作品が対象となっています。従って、アカデミー賞は基本的にはアメリカの映画を対象としている映画賞です。しかしアカデミー賞の知名度があまりに高く受賞すると興行収入などにあまりに大きく影響するためアメリカのというよりは世界の賞という位置づけになっています。
アカデミー賞を受賞すると、金メッキで作られた人型の像であるオスカー像をもらうことができます。賞金はありません。毎年11月頃作品の選考会が行われて、1月頃にアカデミー賞のノミネート作品が発表されます。その後、アカデミー賞の会員による投票により決定されて授賞式が行われます。
アカデミー賞を決定する際の投票権を持つ会員の多くは、ハリウッドの業界関係者がほとんどです。投票して決定された受賞作品、受賞者などは厳重に保管され当日事務所の職員が会場へ持ち込みます。つまり投票による結果はプレゼンターが当日会場で封を切るまで誰にも知らされていないということです。
授賞式は毎年ハリウッドにあるコダックシアターで開催されます。
シアター前には「レッドカーペット」と呼ばれる真っ赤なじゅうたんが敷かれ、この上を有名スターが歩く姿をよくテレビで見かけます。華やかな映画の祭典の様子がよくみてとれる光景です。アカデミー賞の開催日はハリウッドの会場周辺は1日中車両通行止めになります。
賞のプレゼンターは前年の受賞者です。この際、今年の主演女優賞は昨年の主演男優賞受賞した人が発表して銅像を渡すというように、男女の性別は入れ替わってプレゼンターを努めます。このプレゼンターはまったくの無償奉仕で、いっさいギャラは支払われていません。
受賞者が行うスピーチは1人45秒以内と決められていて、アカデミー賞の授賞式自体は平均3時間半程度行われます。延長されたこともありますが、基本的にはこの時間内で行われるようです。
日本にも有名な映画の祭典として「日本アカデミー賞」というものがありますが、これはアメリカのアカデミー賞に使用許可を得て使用されている名前です。もちろんロイヤリティも支払っています。
アカデミー賞に続いて名誉ある賞として知られているのが、1944年から開催されている「ゴールデングローブ賞」です。こちらは映画だけではなくテレビ番組も審査の対象としています。ゴールデングローブ賞も毎年ハリウッドで開催されており、毎年1月にハリウッドにあるビバリーヒルズのホテルで行われます。アカデミー賞が2月か3月頃に開催されるので、その前哨戦としてゴールデングローブ賞は注目を集めています。審査を行うのは、ハリウッドの外国人映画記者協会に所属している会員で、彼らの投票によって受賞者が決定されます。
一般的にはゴールデングローブ賞では華やかさやエンターテインメント性などを重視する傾向があります。一方アカデミー賞では、芸術性の高いものが選ばれる傾向があるとされています。
審査員もアカデミー賞の場合は、ゴールデングローブ賞の審査会員と異なり映画芸術科学アカデミーに所属している会員です。しかしながら今までの歴史を振り返ると、ノミネート作品はゴールデングローブ賞においてもアカデミー賞においても双方で同じ人や作品が選ばれている傾向が強いです。その先の受賞にいたるまでには、やはり審査員の数とその構成により大きく影響を受けていると考えられます。ゴールデングローブ賞のもうひとつの目玉は女優たちのファッションで、ベストドレッサー賞ともうひとつワーストドレッサー賞が毎年メディアの注目の的となっています。

<日本人のハリウッド進出>
近年アメリカのテレビドラマに日本人俳優が出演するというケースが増えています。これはハリウッド側からの要請で実現したものです。
例えば人気ドラマの「LOST」では最終シーズンに日本の俳優、真田広之が出演します。「フラッシュフォワード」には竹内結子が出演します。ドラマのストーリーの中で日本人の役を実際に日本人にやらせるという流れになってきているようです。この理由として考えられることは、まずハリウッドでの日本人俳優の知名度が上がったことが挙げられます。その大きな要因として2003年にハリウッドスターのトムクルーズと渡辺謙が共演した「ラストサムライ」や2006年に話題となった菊地凛子の「バベル」などが挙げられます。近年このようにしてアメリカのアカデミー賞に日本人の俳優がノミネートされるようになってきました。制作者らの思惑としては、日本人を起用すればその分日本市場で話題になって売れるという計算もあるでしょう。
もうひとつは海外ドラマの「HEROES」の影響が大きいと考えられます。この中でマシ・オカや田村英里子などの出演者が活躍しました。
日本の俳優が出演したハリウッド映画で、初期の頃で有名なものとしては、石橋貴明が出演した「メジャーリーグ」があります。石橋貴明は「メジャーリーグ2」と「メジャーリーグ3」の中で「タナカ」という日本人選手役として登場しています。ハリウッド映画に出演した日本人として当時メディアで話題になりました。また松田聖子も以前日米合作映画の「サロゲート・マザー」にて主演女優を務めたことがあります。他にもチョイ役ですが、ハリウッド映画の超大作「アルマゲドン」にタクシーの乗客役として出演しています。このハリウッド映画出演のキャリアを持っている松田聖子がこのたびアメリカから日本のマドンナ的存在としてドラマ出演のオファーを受けたそうです。アメリカで人気のドラマ「BONES」のシーズン5にて日本人ジャーナリスト役を演じています。このドラマの中では初めての日本人キャストとなりました。ドラマの制作者が語学力と演技力と知名度全てを網羅する人物を探していて、その中で松田聖子を選んだそうです。日本でもツアーの真っ最中だった聖子もこのドラマを知っていたので快諾して、ツアーの合間に台詞を覚えて渡米したそうです。ドラマはもちろん全編英語です。台詞は完璧に覚えており、他の共演者の台詞まで完璧に覚えていて共演者から驚かれるほどの実力を発揮したそうです。英語のイントネーションも身のこなしも素敵だと共演者が褒め称えるほどの出来だったそうです。渡米して2週間の撮影を行いました。松田聖子はアメリカで歌手としてもデビューを1990年に果たしています。このようにして日本からハリウッドに進出して活躍した日本人は多数いるのです。

また、日本のアニメや人気コミックがハリウッドにて実写化された作品は多数あります。
例えば日本で爆発的な人気を博したアニメ「ドラゴンボール」もそのひとつです。
「ドラゴンボール」は1984年に人気コミック雑誌である「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートしました。連載開始と共にあっという間に人気漫画となり1995年までの永きに渡り連載が続きました。原作者は鳥山明です。コミック本は日本国内だけで1.5億部以上の売上をほこり、テレビでもアニメ番組として放送しました。視聴率は常に20%と以上という人気番組になりました。
その後人気は国内だけに留まらず、世界でアニメが放映されてコミックも販売されて世界中に知れ渡ることになりました。いまやドラゴンボールは日本を代表するアニメとなったのです。
この「ドラゴンボール」が遂にハリウッドで実写化されました。監督はジェームズ・ワン、原作者の鳥山明も製作総指揮としてこの実写化に参加しています。映画には孫悟空やブルマ、ピッコロ大魔王や亀仙人などドラゴンボールに登場するおなじみのキャラクターがでてきます。世界中にある7つのドラゴンボールを探すスリリングな冒険の旅と敵と戦う迫力ある戦いのシーンを、ハリウッドの最新技術を駆使して一大スペクタルに仕上げています。今までのアニメとは違ったまた新しいドラゴンボールの世界が描かれています。見逃した人はDVDも発売されていますから、ぜひ一度見てみてください。

「エヴァンゲリオン」もそのひとつです。
エヴァンゲリオンのハリウッド進出の話は、エヴァンゲリオンの英語版を手がけたADフィルムが配給し、VFXについては「ロード・オブ・ザ・リング」などのWETAデジタルが行うとされています。実写化のイメージいらすとでは原作のエヴァンゲリオンのイメージを大切にして活かしながらも独自解釈によるSF描写をしています。キャスティングなどについては実写版とアニメでは若干設定を変えるそうです。
他にも日本の人気アニメ「カウボーイビバップ」の実写映画化が進んでいるようです。カウボーイビバップの舞台は2071年、ビバップ号という宇宙船に乗った賞金稼ぎの活躍を描いた話です。日本SF大賞を受賞しています。日本国内のSFファンにとても人気の高い作品です。

さらにアニメ番組だけではなくゲームソフトも映画になります。人気ゲームソフトとして有名になった「鉄拳」がハリウッドで「TEKKEN」として実写化されました。ゲームでは格闘技大会で格闘アクションをキャラクター同士で楽しむ3D格闘ゲームです。実写映画では、自分の母を殺されてしまったという設定の主人公が格闘技大会に参加して復讐を果たしていくというストーリーです。主人公はジョン・フー、本格アクションを披露しています。
PS2のソフトとして2005年に発売された「ワンダと巨像」もハリウッドで実写化の話が進んでいるようです。
この「ワンダと巨像」は発売以来爆発的な人気を誇っており数多くの賞にノミネートされています。日本だけではなく世界的な人気を誇っているゲームソフトだけにその実写映画化も大変楽しみです。

<ハリウッド女優・俳優ランキング>
映画の街ハリウッド、ハリウッドに出演する女優を「ハリウッド女優」と呼びます。多くの女優さんがここに憧れて芝居を続けていることでしょう。
2008年6月〜2009年6月でハリウッド映画に出演し稼いだ金額を試算し、2009年度最も稼いだランキングのTOP10女優を紹介します。
第1位は「アンジェリーナ・ジョリー」でした。彼女は雑誌企画で最も影響力のあるセレブでも1位に輝いています。最近では世界興行収入330億円も叩き出したヒット映画「ウォンテッド」に主演しています。アカデミー賞においても主演女優賞にノミネートされました。彼女のこの1年間での総収入は約26億円とされます。
第2位は「ジェニファー・アニストン」です。映画「マーリー」に主演しています。テレビドラマの印税もあり、彼女のこの1年間での総収入は約24億円です。
第3位は「メリル・ストリープ」です。ミュージカルでは「マンマ・ミーア!」に主演しています。
このミュージカルは世界興行収入を6億ドルも叩き出した作品です。他にも主演映画「ダウト」ではアカデミーにおいても主演女優賞にノミネートされました。彼女のこの1年間での総収入は約23億円です。
第4位には「サラ・ジェシカ・パーカー」。11歳の頃からブロードウェイの舞台に出演していたという天才子役でした。14歳で映画デビューを果たします。「セックス・アンド・ザ・シティ」などに主演しています。
第5位には「キャメロン・ディアス」。元はモデルとして活躍していました。「マスク」のオーディションに見事合格して女優デビューしました。1998年に主演した「メリーに首ったけ」で大ブレイクしました。最近は「私の中のあなた」や「運命のあなた」などに主演しています。「シュレック」では声優としても活躍しています。
第6位には「サンドラ・ブロック」。1994年キアヌ・リーブスと共演した作品「スピード」で大ブレイクしました。「あなたが寝てる間に」「シャッフル」「デンジャラス・ビューティ」などに主演しています。ハリウッドに自ら設立した映画制作会社を持っています。2010年公開の「しあわせの隠れ場所」ではアカデミー賞の主演女優賞に輝きました。
同じく第6位に「リース・ウィザースプーン」。小さい頃から子役としてテレビで活躍していました。その後「キューティー・ブロンド」そして「メラニーは行く」などに主演してハリウッドでスター女優となりました。
第8位は「ニコール・キッドマン」。ハワイ出身のオーストラリアの女優です。オーストラリアで映画実績を積み、トムクルーズに招かれるのが縁でハリウッドに進出しました。トムクルーズとは「ディズオブサンダー」で共演してその後結婚しました。その後離婚したあと2001年公開の「ムーラン・ルージュ」でゴールデングローブ賞において主演女優賞に輝きました。
同じく第8位に「ドリュー・バリモア」。「ラブソングができるまで」や「ビバリーヒルズ・チワワ」などに主演しています。
第10位には「レニー・ゼルウィガー」。1996年にトムクルーズと共演した「ザエージント」でブレイクしました。「ブリジッドジョーンズの日記」ではアカデミー賞において主演女優賞の候補者になりました。2003年「コールド・マウンテン」でアカデミー賞において助演女優賞に輝きました。

2009年の1年間で最も稼いだとされるハリウッド俳優部門ランキングではハリウッドスターの匆々たるメンバーが名を連ねました。
第1位は「ハリソン・フォード」です。19年ぶりに1位の座にハリソン・フォードが返り咲いたランキングになりました。2009年度はインディジョーンズシリーズのクリスタルスカルの王国が映画として上映された大ヒットを記録しました。この映画1本で約65億円も稼ぎました。ハリウッド女優の中で最も稼いだ金額が約26億円。同じ1位でも俳優と女優ではかなり金額に差があります。まだまだハリウッドでは男性が上位であるということの表れだと思います。
第2位は「アダム・サンドラー」です。最初はコメディの分野でその才能を発揮していました。映画は1994年「ハードロック・ハイジャック」においてメインキャストに抜擢されてこれを機会にハリウッドで注目を集めるようになりました。「ウォーターボーイ」や「ビッグダディ」などが代表作として挙げられます。
第3位は「ウィル・スミス」です。ハリウッドで最も稼ぐ俳優として名高いウィル・スミスはいつも上位にランクインされています。1992年映画「ハートブレイクタウン」に初めて出演しました。その後「バッド・ボーイズ」に主演を果たして一躍トップスターになりました。「インデペンデンス・デイ」の他「メン・イン・ブラック」「アイロボット」など代表作は多数あります。最も稼げるハリウッドの黒人スターです。
第4位は「エディ・マーフィ」です。16歳からコメディアンをしていました。映画の世界へ登場したのは1982年「48時間」がデビュー作となります。コメディ映画である「ビバリーヒルズ・コップ」などに次々と出演しました。トークがおもしろく一躍人気スターになりました。映画では特殊メイクをして女性の役や老人の役、白人の役までこなす多彩な才能振りを発揮しています。代表作は「星の王子ニューヨークへ行く」や「ドクタードリトル」「ドリームガールズ」など多数あります。2007年にはランキング1位に輝き、今ではハリウッドスターの代表的存在として活躍しています。
同じく第4位には「ニコラス・ケイジ」。芸能一家に育った彼は15歳で演技の勉強を始めます。映画デビューは1982年です。「リービング・ラスベガス」という映画においてアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。代表作には「ザ・ロック」や「コン・エアー」、「60セカンズ」などのハリウッド大作と呼ばれる作品に多数出演しています。
第6位には「トム・ハンクス」。コメディタッチの映画を得意として若手コメディアンとして活躍していました。当時の作品には「スプラッシュ」や「ビッグ」などがあります。1993年に「フィラデルフィア」でアカデミー賞において初めて主演男優賞を獲得しました。翌年には「フォレストガンプ」で2年連続主演男優賞を獲得しました。その他にも彼の代表作として「ダ・ヴィンチ・コード」「マンマ・ミーア」など多数出演しています。
第7位は「トム・クルーズ」です。1986年の映画「トップガン」の大ヒットによって世界的に注目を集めるハリウッドスターとなりました。アクション作品からヒューマンドラマ、社会性の強い作品まで幅広い作品に出演して活躍しています。1989年の「7月4日に生まれて」でアカデミー賞において主演男優賞を獲得しました。また1996年の「ザ・エージェント」でも同じく主演男優賞を獲得しました。
1992年にはワグナーと共に映画会社も設立しました。代表作には「カクテル」「ハスラー2」「レインマン」「ザ・ファーム」「マグノリア」「ラストサムライ」「MI:2」「MI:3」など多数の有名作品に出演しています。
第8位は「ジム・キャリー」です。舞台やテレビ、映画に端役で出演して演技を磨いてきました。
1994年に「エース・ベンチェラ」で一躍注目されるようになりました。同年に「マスク」が大ヒットしました。現在ではハリウッドスターとして第一線で活躍しています。代表作には「マジェスティック」や「トゥルーマン・ショー」、「イエスマン」などに出演しています。
同じく第8位には「ブラッド・ピット」がランクインしました。1991年の映画「テルマ&ルイーズ」で注目され始めました。1992年の映画「リバーランズスルーイット」と「レッドフォードの再来」で俳優として絶賛されてハリウッドスターの仲間入りを果たしました。「12モンキーズ」で1995年にゴールデングローブ賞において助演男優賞を獲得しました。代表作としては、「セブン」、「インタビューウイズ・ヴァンパイア」「オーシャンズ11」など多数の作品に出演しています。
第10位は「ジョニー・デップ」です。ニコラス・ケイジに勧められて俳優の道を志しました。
1984年の映画「エルム街の悪夢」でデビューしました。初主演は1990年に作られた映画「クライ・ベイビー」です。同年に主演した「シザーハンズ」で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしました。
長年共に仕事をすることになるティム・バートン監督ともこの時期に知り合いました。代表作としては「パイレーツオブ・カリビアン」があります。

<ハリウッドエアー>
「ハリウッドエアー」とはハリウッドで今大流行しているエアーメイクのことです。
近年映像技術がハイビジョンを中心として向上したことによりタレントやモデルの顔面の化粧ムラなどまで鮮明に映し出すようになりました。そこでハリウッドスターとして活躍中の俳優やモデル、ミュージシャンたちが使い始めたのが従来のようなファンデーションではなく、吹き付けタイプのエアーメイクなのです。エアーメイクは塗るのではなく細かく吹き付けるため、きめ細かく仕上げることができます。肌に凹凸があればその形に合わせて着色することができます。化粧ムラがなく、とてもナチュラルメイクに仕上がります。部分的に気になるシミやそばかす、くすみなども簡単に隠すことができます。またファンデーションのようにパフなどで肌に直接触れずに吹き付けるだけでできるため衛生的に良く、メイクが簡単なのが人気の理由です。
ハリウッドエアーはハリウッドで活躍しているメイクアップアーティストの「ドミニー・ティル」がプロデュースしたものです。ハリウッドエアー専用のファンデーション開発からメイクの仕方まで総合的にプロデュースをおこなっています。さらにハリウッドエアーは化粧もちもとてもいいので長時間メイクしていても化粧直しがほとんど必要ありません。含まれている成分の80%は水ですから、肌に保湿効果もあってお肌にやさしいメイクです。メイク1回に使う吹き付け量も少ないので、経済的にもいいです。ファンデーションのように製品化されている中からカラーを選ぶのではなく、自分だけのオリジナルカラーが作れるので、自分の肌にピッタリな色に仕上がります。
ここではハリウッドエアーに関するちょっとしたQ&Aについて紹介します。
・ハリウッドエアーと通常のスポンジやパフでファンデーションを塗るのと何が違うのでしょうか。
第一は化粧ムラが残らないので、厚塗りにならずにムラなく仕上がることです。厚塗りしないためシワが目立ちません。スプレーで吹き付けるので均一に吹きかけることができてナチュラルメイクに仕上がることです。肌に直接ふれませんし、汚れたパフなどを使用しないので衛生的です。保湿効果に優れているのでしっとりと仕上がります。

・メイクの方法について。
メイクのやり方は簡単ですから2、3回練習すればすぐにできます。目の周りなどに使うときは、軽く目を閉じてから吹き付けるようにします。目の細かい部分についてはエアーを弱くしたり角度を調節したりして行います。1回に使う使用量の目安としては7滴〜10滴程度です。とても少なく済むので経済的です。

・お手入れの仕方について。
お手入れはとても簡単で、朝の忙しい時間にメイクをする場合などは水に浸してから外出すれば帰宅後洗浄でも全く大丈夫です。

・ハリウッドエアーを購入すると本体セットには何が入っているのでしょうか。
ハンドピースやコンプレッサー、ACアダプターにエアチューブ、さらにファンデーションが6色一通り入っています。他にもステンシルやスポイド、色を調合するボトルや説明DVD、トレーニングシートなどが入っています。実際に販売されているハリウッドエアーの商品を紹介します。まずは「ハリウッドエアー本体」です。先程も紹介しましたように、ハンドピースやコンプレッサーなどの基本道具がセットになっています。化粧品のカラーがパステルカラーになっている「ハリウッドエアーのパステルセット」もあります。ファンデーションは50ml入って1本あたり4,000円程度で販売されています。
明るい肌色の人には「バニラ」、一般的に日本人の肌にマッチした「ナチュラル」、多少日焼けした肌でオークル系をお好みの人には「キャラメル」。暗めの肌色で日焼けした人などには「アース」、さらにバニラとナチュラルの中間色として「ムーン」があり全5色あります。「アクアカラーのファンデーションセット」は10mlが8本入って8,400円で販売されています。単体の1本販売の場合、価格は1,260円です。また自分専用のオリジナルにファンデーションをブレンドした人にはファンデーション保存用ボトルとして「マイカラーボトル」が189円で購入できます。眉毛の形を上手に描くには「マジックステンシル」を使うといいです。これはエッジを利かせたリップラインを描きたいときにも使えます。
「マジックステンシル」は1,260円です。使い捨てになっている「マスカラブラシ」は25本入って368円です。メイクをするために専用に作られた「ハンドピース」を単品で購入するならば7,140円で購入できます。アタッチメントも付いています。ハンドピースからファンデーションが一定量以上でないようにする「テールキャップ」は1,260円です。ハンドピースのレバーだけでは微調整が難しい人にはこのテールキャップがおすすめです。ハンドピースの洗浄ブラシも998円で販売されています。他にもハリウッドエアー本体にセットされている商品は全て単体で購入することができます。

<日本での「ハリウッド」の名称>
日本でも「ハリウッド」という名称はよく使われています。
パチンコ屋ハリウッド
「パチンコ屋」の「ハリウッド」もそのひとつです。「ハリウッド」とは岡山県に本社を構える大手パチンコグループです。1959年に創業された会社で、今では資本金が約14億円という巨大グループです。代表会社は成通で、パチンコ事業の他にもサウナやカプセルホテル事業、不動産事業、経営コンサルタント、駐車場事業など様々行っています。パチンコ事業では、岡山地区に11店舗、倉敷に2店舗、津山に4店舗、福山に4店舗、広島に9店舗、大阪に1店舗、埼玉に1店舗、千葉に1店舗あります。
ハリウッドでは、いろんな特典が付いてくるメンバーズカードを発行しています。パチンコやスロットの新台入替情報やイベント情報などを新聞広告よりも早く知らせてもらえます。また台に関するデータ、例えば大当たり回数や出玉推移、大当たり発生グラフなどいろんな情報を知らせてもらうことができます。またカードでは来店ごとにポイントを貯める事ができます。またプレイが終わって余った玉をポイントとして貯める事ができますから、余玉が無駄になりません。こうして貯めたポイントで景品交換ができます。またインターネットの公式サイトからも新台入替などの情報をゲットすることができます。お出かけ前にチェックされるといいと思います。カード会員だけのメンバーズオープンもあります。パチンコ、スロット好きな方、よく行く人にはカード会員になるのがお得だと思います。

ハリウッド化粧品
同じくハリウッドの名称がつくものに「ハリウッド化粧品」があります。大正14年、創業80余年という基礎化粧品のメーカーです。東京に本社があり神奈川県の川崎市に製造工場があります。店舗は日本全国北海道〜沖縄まで多数あります。ハリウッドビューティサロンや美容の専門学校も経営しています。SBM美容理論を普及させること、拡大させることに努めています。化粧品は高品質で安全性をもっとうにしていて、さらには健康食品も製造販売しています。顧客直通というよりは、専門店のためにある専門メーカーです。取り扱う商品はどれも大量生産品とは違う品質にこだわりぬいた、付加価値のある製品を製造し価値ある基礎化粧品や健康食品を提供している会社です。創業者である「メイ・ウシヤマ」の美容理論は「SBM美容法」といって「三大排泄美容法」と言います。3つとは「肌」「体」「心」です。皮膚を清潔に保つこと、そして腸をきれいにして体内からきれいになること、心豊かに過ごすこと。皮膚に付着した汚れや毛穴に詰まった油脂はしっかりと洗いマッサージで肌の新陳代謝を促すことが大切です。腸内バランスが崩れていると便秘になりますし、便秘をするとニキビや吹き出物などの原因ともなります。ストレスやイライラからくるホルモンバランスの崩れは肌荒れやシワの原因となります。この3つが整って初めて「美」が創られるというものです。ハリウッド化粧品ではこの考えを元にして商品開発を行っています。

デジタルハリウッド
「デジタルハリウッド」という大学があります。学校名にまで「ハリウッド」という名称が使われています。
このデジタルハリウッド大学は近年急速に発達しているインターネット社会に適応するため、ネットを通じて配信される様々なマスメディアからの情報を受け取るため。これらの情報を入手してすばやく判断する力、これを養うために教育を行っています。さらにその情報力、判断力を人にうまく披露することができるプレゼン能力、国際社会の今インターネット上でも英語の記載が多くなっていますから英語力も必要です。このようにして21世紀を生き抜ける人材を育成するのがこの大学です。
大学のキャンパスが東京に4つあります。秋葉原に3つと御茶ノ水に1つです。さらに制作スタジオが八王子に一つあります。
学部にはデジタル技術や企画からシナリオまで全て行う実写撮影、撮影したものを編集、映画産業について知る「映像部門」。映画やアニメーションの世界には欠かせない「CG」の世界を学ぶ「CG部門」。Webデザインを手がけたり、レイアウトのやり方を学べたり、Webでのプログラミングのやり方まで全般を学べる「Web部門」。アニメ業界に興味のある人は、アニメ業界ですぐに役立つ技術を第一線で活躍しているプロが教員となって指導してくれる「アニメ部門」。広告や本、雑誌を飾るイラストやレイアウトを行うグラフィックデザインを幅広く学習できる「グラフィック部門」。ネットワーク技術やプログラミング技術、コンピュータ言語などIT全般を学べる「ITプログラミング部門」。以上のように多種多彩、実践ですぐに役立つ技術を指導してもらえる大学です。

ハリウッドチャンネル
パソコンのコンテンツにおいてハリウッド映画を多数紹介しているサイト「ハリウッドチャンネル」です。ハリウッドチャンネルの会社は東京の中央区にあります。サイト内では公開中の映画の紹介を写真とデータで行っています。また最新映画から今週末公開の映画や注目作品の動画まで網羅されています。他にもハリウッド関連のニュースが数多く掲載されています。ニュースもハリウッド関連、映画関連、取材の様子やエンタメ関連に分類されています。
トレンドガイドでは、映画の撮影裏話や人物に焦点を置いた人物トレンド、現地ライターが提供するハリウッド最前線からの映画情報などが掲載されています。業界通信では、映画業界で活躍している業界人が仕事に関することから戯言まで語っているコラムが連載されています。さらに人気の映画ライターが厳選した気になる映画のレビューも掲載しています。ハリウッドスターや日本の俳優までライターがインタービューした特集記事もあります。映画の試写会招待や鑑賞券のプレゼント、ジャパンプレミアや独占試写会、映画グッズのプレゼントコーナーもあります。
他には「ハリウッドチャンネル」のコレクションとして、映画に関するグッズやカレンダーなどをオンラインで買い物できるショッピングサイトもあります。とにかくハリウッド映画に関するありとあらゆることが掲載されているサイトです。これを見れば映画に関する全てのことがわかるサイトそれが「ハリウッドチャンネル」です。

プラネットハリウッド
「プラネットハリウッド」とはハリウッド映画に関する様々なものが展示されていたりメニューとなっていたりするアメリカンレストランのことです。1991年にイギリス人によって創業されました。ハリウッドスターであるスタローンやブルース・ウィリスやデミムーアシュワルツェネッガーなどに出資を募りました。プラネットハリウッドの第1号店は、ウォルトディズニーワールド内にオープンしました。外観が巨大な地球儀を模していて、店内の客席は600席以上という大きな店舗となりました。店の中には人気ハリウッド映画に登場する小道具や衣装などを展示して、大きなスクリーンを設置してハリウッド映画を上映するなど映画の世界を演出しました。この第1号店が大きな売上を上げて大成功したのを受けて3年後の1994年には店舗数が一気に20店舗以上になりました。ニューヨークを始めとしてラスベガスそしてサンフランシスコ、さらにロサンゼルスなど観光客が訪れそうな場所にどんどん出店していきました。しかしその好調な売れ行きも長くは続かずに1998年には大幅に売上が落ちてしまいました。このプラネットハリウッドが失敗した大きな要因として「希少価値を失くしたこと」が挙げられています。当初はディズニーワールド内にあるお店だったので、ディズニーにわざわざでかけて食べるものという希少価値がありました。しかしその後都心にも多くの店舗を出店したため、どこでも食べられるということで希少価値がなくなってしまったのです。
日本でもディズニーリゾート内に「プラネットハリウッド」東京店がオープンしました。しかし2001年に開業して、2009年に閉店しました。

<ハリウッド発の商品>
ホワイトサンズ
「ホワイトサンズ」とは髪型を自由自在にセットできす夢のスプレーです。ハリウッド発信のヘアスプレー「ホワイトサンズ」です。
これ1本あれば髪型が好きなようにセットできます。ボリュームアップしたいとき、カールさせたい髪、ストレートをきめたい髪、すべて思い通りです。この「ホワイトサンズ」は本場アメリカのハリウッドでプロが認めたもので、多くのヘアアーティストが使っています。ハリウッドでとても有名なトップヘアアーティストであるフェルナンドサラスが開発しました。フェルナンドサラスは、「ラストサムライ」や「ロッキー」「パイレーツオブ・カリビアン」などの有名なハリウッド映画のヘアスタイリングに携わっています。多くのハリウッド女優にこの「ホワイトサンズ」を使ってヘアセットしています。「ホワイトサンズ」は髪にツヤ、ハリ、弾力を与えて驚きのキープ力を発揮します。強力なセット力ですが、ブラシでとかせばすぐにサラサラヘアに戻ります。一般的なヘアスプレーのように白い粉もでません。簡単に髪型を変えられるので失敗しても大丈夫です。トリートメント効果もあるので髪にもやさしいです。髪がまとまりにくい雨の日でも崩れにくいのが魅力です。熱と相性がいいスプレーなので、カーラーやヘアアイロンと使うとさらに効果があります。
ホワイトサンズを使って素人でもうまく髪型がセットできるように、専用ヘアブラシも付属しています。このブラシがあれば初心者でも簡単にセットができます。ヘアアレンジの例がいくつか掲載された説明書も付いています。

ラベル:ハリウッド 映画
posted by abiranken at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。